2014年9月28日日曜日

紅楼夢にむけて

ちまちま紅楼夢原稿すすめております。
今回のお話もアリスと魔理沙が出てくるんですが、魔理沙はちょっとボーイッシュな感じにしちゃいました。
あとは無事に間に合えば万々歳なんですが…。



















話題変わって全然関係のない話になりますが、
グリザイユ画法は絵が上手く描ける魔法の技術のように思われてる方をたまーに見かけるのですが、
全然そんなことはないです。あくまで絵を描く上での手段の一つだと思ってます。
自分も新しいおもちゃを見つけたって感じではしゃいじゃってた時期もありましたが、
グリザイユを売りにしてるワケでもないですし客観的に見たら絵は完成系が全てですしね。

なんとなく必殺技っぽい名前でカッコイイ!って感じに憧れるのは大いにアリだと思います。
色んな絵の組み立て方を知ってるとマンネリした時にちょっと気分転換になるのでそういった面では助かりますね。

絵の分野に限って言えば2.3日で劇的に上達する方法とかはないので(あったら教えてくれ)、
少なくとも数年は描き続けないと一定のラインにはいけないと思います。
若くて絵が上手い人も他の人より早く始めただけでそれまでに何年も描いてる人ばかりなので。
毎度自分の程度は棚に上げて偉そうにすみません。えへ。

何が言いたかったのかというと焦ってもしょうがないからまぁ共に腰を据えていこうやって感じの事なんでしょうな。

もっと意味のある絵をたくさん描かないとあかんやね。